So-net無料ブログ作成
検索選択

イケナイ大人の火遊び [モノについて]

さて、今回はイケナイ大人の火遊びです。
本物のお子様はもとより、体は大人で心は子供な人も
見てはダメです。あー気まじめな方もダメかも(笑)
あと自己責任って意味を知らない人も遠慮してね。
ここから先の話はあくまで私個人の備忘録。
ちょっとした興味本位で自己責任のもとにやらかした
ことですので。
けっしてマネしちゃだめです。
この位言っておけば大丈夫かなあ。

IMG_3547-500.jpg

 

以前、ジッポーのハンディウォーマーを紹介した時に
純正のジッポーオイル以外にもカイロ用の燃料だって
使えますーという記事を載せました。

http://waypower.blog.so-net.ne.jp/2013-01-10
今回はその続きでして。
共用が出来る二つの燃料なんですが、厳密にいうなら
両者は種類が違います。
ガソリンと軽油くらいの違いなんですが。

えーとですね、これらの燃料は、危険物の種類が違い
ます。両者ともの第四類という枠に入っているのです
けど、ここから先が違ってまして。
危険物取扱者の資格を持っている人には常識ですが、
第4類第1石油類と第4類第2石油類の違いです。

IMG_3548-500.jpg

IMG_3552-500.jpg

第4類第1石油類の定義「引火点が21℃未満のもの」
です。ベンジンやガソリン、メチルエチルケトンがこれ
に入ります。

第4類第2石油類は「引火点捗21℃以上70℃未満の
もの」というのが定義です。

IMG_3550-500.jpg
ジッポーの純正オイルはここに入ります。同じ種類に
灯油や軽油が入ってます。

間違ってないよね?(笑)

ちなみに最近のジッポー純正オイルは昔と成分が変更
されていてLight Petroleum Distillate(ライター用
オイル)となってました。これで3回目かな?成分が
変わっているのは。最初は重量ナフサが原料だったの
ですが、次に合成イソパラフィン系炭化水素に原料が
変更されて、次に現在のライター用オイルに変わった
ようです。どうでも良いことですが、確か出光興産の
ほとんど無臭の溶剤でIPソルベントってのがあります
けど、これイソパラフィン系炭化水素が原料なんです。
もしかしたらジッポーに使えたりするかも?
ジッポーオイルの匂いがダメっ人が多いから、無臭の
燃料です!とかいって製品化されたら面白そう(笑)
ま、それはさておき。

カイロ用のベンジンとジッポーオイルには、ガソリンと
軽油程度に違いがあるわけですよ。
以前感じた、カイロ用ベンジンって持続時間が短いか?
という謎もこれが原因かもしれません。
カイロ用ベンジンの方が揮発性が高いので、同じ気温
でも減りが早いハズですし。

ここまで考えてて、ふと思ったわけですよ。
カイロ用のベンジンとホワイトガソリンって同じ種類
だったんだ。と、いうことは。
コールマンの燃料としても使えるんじゃ無いの?
んで、やってみまちゃいました。

あー、再度警告しちゃいますが、よい子は絶対にマネ
してはダメですよ。大変に危険ですから。
あくまで自己責任のもとで実験しただけです。
何があっても誰も助けてはくれませんからね。
もしマネして何が起こったとしても、私も他の誰かも
一切の責任はとりませんので。

というわけで、ホワイトガソリンを完全に使い切った
フェザーストーブをベンジンでフラッシング。
その後にカイロ用ベンジンを注入しました。

IMG_3556-500.jpg
点火の手順はいつも通り。
ポンピングしてライターで点火した後、追加で20回程
ポンピングしました。

IMG_3558-500.jpg
あっさり安定(笑)

IMG_3560-500.jpg
ごく普通にお湯が沸かせましたよ。

IMG_3563-500.jpg
まあ実用的な意味は無いですけどね(笑)
カイロ用のベンジンはホワイトガソリンより割高だし。

というわけで、危険な大人の火遊びでした(笑)
しつこいようですが、マネしちゃダメですよ。
ではまた。


nice!(18)  コメント(14) 
共通テーマ:バイク

nice! 18

コメント 14

HIRO

こんにちは。
実験は実験で、良い子は真似しない様に(念為)
by HIRO (2013-02-22 06:09) 

やなぼー

火遊びはいけません!
ちょっとちょっとが戻れない道になりますよ~(>_<)
って、違った!?
あっ、ちゃんと記事読んでますよ(^_-)
この手の物は、機構が簡単だろうから、車のエンジンのように燃料に
よって、影響は意外にないのかもしれませんね。
関係してくるとすれば、燃焼温度くらいかな?
でも、やるなら確かに知識を持った人が自己責任ですね(^_^;)
by やなぼー (2013-02-22 06:35) 

Nori

では、次の実験は、ホワイトガソリンをカイロに詰めて、点火!
かな?(笑)

by Nori (2013-02-22 08:17) 

robotic-person

Noriさんと同じことを考えてしまいました (^_^;

by robotic-person (2013-02-22 10:19) 

TS

実験お疲れ様です!!
オレは燃焼系は怖くて真似できないので大丈夫です。(笑)
でも知識としては知っていて損は無いと思います。
普段はともかく、震災時とかは『コレは使っちゃダメ』とか
悠長なこと言ってられない状況になりますからね。(汗)

…だいぶ前、小型のローリーで灯油の配達をしていた
悪友が、山奥でガス欠になったそうです。
…もちろん自走で帰還しました。(爆)
by TS (2013-02-22 10:35) 

たくや

あくまでも実験でね
GSAには入れないように(笑)
by たくや (2013-02-22 13:11) 

FD

私は危険物取扱主任者免許を持ってはいるのですが、
なにしろ45年前に取った資格ですので・・・・・


by FD (2013-02-22 13:12) 

nozzy

「ベンジン(benzin)」とはドイツ語でガソリンという意味なのですから、「ガソリンの代わりにベンジンなんか使っちゃダメだ」なんて言い分があったら、そっちの方が道理に合わないことになりますな。
でも、薬局で売ってるベンジンとコールマンの白ガスとではだいぶ臭いが違う気がしますね。
白ガスと赤ガスとでも臭いが違うし、精製度合いの違いで臭いの元なっている成分が若干異なるんでしょうかねぇ。
by nozzy (2013-02-22 15:39) 

るぐっちぃ

やっぱり逆を考えてしまいました(笑)
by るぐっちぃ (2013-02-22 21:54) 

響

ガスコンロは手軽でいいけど
ガソリンストーブの着火までの儀式が
大人の遊びですよね。
使いこなしてる人に憧れます。
by (2013-02-23 20:13) 

tai-yama

ベンジンって引火点 21℃未満なんですね。
ドラッグストアに普通に売っているけど結構危険ですね。
(取り扱いに気をつけないと・・・)
by tai-yama (2013-02-23 21:11) 

kei

題名読んでドキドキしながら『続きを読む』をクリックしたのは自分だけじゃねーやろ。
by kei (2013-02-23 21:14) 

うえいぱうわ

>HIROさま
まあ、こんな危ないことをマネする悪い子はいないと
思いますけど。念には念をいれておかないとですね。

>やなぼーさま
厳密にいえば揮発性や熱量も違うはずですから、連続
してつかうとなると問題がでるかと思います。
多分ですが。
ま、こういうことも出来ちゃいました。的な意味合いです
から(笑)

>Norさま
あ、それやってみようかなと思っています。ストックの
補充したら、実験してみようかなと(笑)

>robotic-personさま
どうなるんでしょうね(笑)
少しだけワクワクしていますよ。

>TSさま
常日頃の、よけいな事がいざというときの知識に
役立つならば、まあ、、無駄というわけでもない?
かな?(笑)
>たくやさま
さすがに、それはリスクが高いですし。
あちらにはガソリンじゃなくて、化学合成油で実験を
しているので(笑)

>FDさま
皆さん同じで安心しちゃいました。
よかった、私だけじゃなかったんだ、忘れちゃうの(笑)

>nozzyさま
ガソリンに混ぜられている添加剤ってのは、秘密でしょうから
その細かい差をはっきりといえる人はいないかもしれませんね。

>るぐっちさま
やっぱり、ここは実験してみるしかないのでしょうか(笑)

>響さま
コールマンはポンピングだけで、基本的にプレヒートを
必要としないので、慣れるとあっという間に点火できる
ところがさすがだなと思います。
これが灯油とかだと、もう一段面倒になりますが(笑)

>tai-yamaさま
近くに火だねになるようなモノがあったら、気化した
ベーパーに一気に火がついてしまうでしょうから、
取り扱いは慎重にいきたいですね。

>keiさま
ブービートラップです。あ、はにートラップかも(笑)

by うえいぱうわ (2013-02-24 00:30) 

とおりすがり

本記事の主題であるジッポオイルの分類は誤表記であることが発表されています。
by とおりすがり (2016-12-21 19:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。